FC2ブログ

フィルムのあたたかさ。

未分類
09 /16 2018
私はこの期に及んで、まだ偶にフィルムを持ち出して撮影したりしています。
年々頻度は減りますし、中は殆ど失敗しています。
何故だか理由は判っておりますが、それでも、旅に出るときはフィルムとカメラで失敗気にせず満足するまで撮りたいもので。

 

姫路ばら園で撮影した2017年に撮影した写真。
contax aria 50mmです。
フィルムはコダックポートラ160(のはず)
400も使うので、160か400かしか使いません。

 

佐用のヒマワリ畑。

 

フィルムならではの、描写です。
あたしよくこんな写真になるので、す。
もっと絞ればいいのかなって思うけど後の祭り、これを毎年繰り返しております。

 

専属モデルmaimai。
これも数少ないピント合っていた写真。
開放にすればするほど、ピントがシビア。

 

夕方の撮影。

 

フィルムだからこそ、ここまで色を拾って、ザラザラしていても雰囲気が出る。

 

専属モデルerimo.
とても暗めの夕方に撮影しました。

 

フィルムの魔力はここにありますね。

いま、自分の教室でオールドレンズを使って撮影してみませんかってやってまして、個性ある撮影をしよう!と輪を広げております。

やはり写真という物は、個性と感性だと思います。
こだわり。
どれだけ技術が進歩しても
失われた技術のレンズを活かして撮ることがブームになっているという事は
そこに神髄があるんだと思うのです。
努力する事は魂が籠るのです。

私はブームになる前からずっとフィルムカメラのレンズをNikon D700に装着して撮影してきました。なので最近の流行に乗っ取ったわけではありません。

でも、マウントアダプターつけてNikon以外のレンズも試してみたいって欲は最近なので、その辺は了解ください。

どれだけ便利になっても、結局返ってくるのはそういうことなんです。

だからマニュアル撮影をして、撮りたいものをとるべきなのです。

チオカメ
スポンサーサイト

チオカメ

カメラマンと写真家、時々クリエイターですが今は写真教室講師も追加です。
カルチャースクール、KCC、個人で初心者や女性カメラメインの教室が人気です。
HP製作、広告、チラシなども手がけております。

お問い合わせは
leon_2730@yahoo.co.jp
姫路KCC、加古川カルチャースクールまで。

2009年Lomo graphy japan Mission16"I LOVE FILM"入選 平間至賞2位
2008年アサヒカメラ4月号 カラープリント部門 1位入選
2006年ビジュアルアーツフォトアワード(社長賞受賞)
カメラ日和 ホルガな空
ファットフォト 3-4月号(5位)11-12月号(5位)
2005年アサヒカメラ 組写真部門 3月号(3位)5月号(1位)12月号(5位)
第52回ニッコールフォトコンテスト・準特選